忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/05/20 20:55 |
世界:「み」「め」から始まる国
世界「み」「め」から始まる国

ミクロネシア連邦 Micronesia, Federated States of
南アフリカ South Africa
南スーダン South Sudan
ミャンマー Myanmar
メキシコ Mexico

名前占い参照。


「み」から始まる名前の特徴
~負けず嫌いで華やかなことが大好きな性格です。
芸術的な才能があり、何かを創り出すことが好きな人。
職業は芸能人などが向いています。
運勢は中年以降に安定、それまでは嫉妬で失敗することが多いので要注意。

「め」から始まる名前の特徴
~外面的には落ち着いて、リーダーシップを取っているように見えても、内面は常に不安定な精神状態であることが多い人。性格は神経質で見栄っ張り。運勢は愛情面での過ちがひびいて落ち込んだりすることが多いでしょう。

PR

2012/09/29 23:47 | Comments(0) | 世界:「み」「め」から始まる国
メキシコ~ラテンアメリカ諸国のイメージは混在する
Q.メキシコってどんな国?

A.スペイン語が公用語の国。
 テキーラとサボテンとポンチョ。
 マヤ文明の歴史的遺産があるんでしたか?

答え合わせ・・・

○スペイン語 ~ラテンアメリカの国のスペイン語圏全体では最多を誇っているそうです。
 よく、「英語さえ出来れば世界中の人と話が出来る」という人が居ますが、南米あたりになるとスペイン語(ブラジルであればポルトガル語)が出来ないと話にならない気がする・・・と思う今日この頃。

○サボテン ~食用のウチワサボテンは、茎ワカメみたいな食感なんだとか。健康に良いそうです。




○テキーラ ~原料はサボテンだと思っていましたが、誤りでした。テキーラ (Tequila) の原材料は、アガベ・テキラーナ・ウェーバー・ブルー (Agave Tequilana Weber, Blue) (略称:アガベ/アガヴェ)と呼ばれる竜舌蘭 (Agave)との事。
 竜舌蘭とサボテンはまったく別の植物なのだそうです。




×ポンチョ ~ポンチョの起源はチリでした。そういえばそうだった!

△マヤ文明 ~メキシコ南東部、グアテマラ、ベリーズなどいわゆるマヤ地域を中心として栄えた文明である。範囲は広いですね。


◇日本と初めて平等条約を結んだ国 ~鎖国後、諸外国と通商条約を結んだ中で、1888年(明治21年)メキシコと締結した日墨修好通商条約は日本にとって初めての平等条約だったそうです。
(1871年の日清修好条規は欧米の干渉が強すぎるので、厳密に言うと平等条約ではない)

◇19世紀末の1897年に榎本武揚の榎本移民団によって入植した35人が日系メキシコ人のルーツなんだとか。

◇Rodrigo y Gabriela - Hanuman (主にアイルランドで活動のメキシコ人アーティスト)


2012/09/23 21:13 | Comments(0) | 世界:「み」「め」から始まる国
ミャンマー・・・とにかく映画化されている
Q.ミャンマーってどんなところ?

A.

元ビルマ。
「ビルマの竪琴」という中居貴一主演の映画があったはず。
軍事政権で、最近民主化でにぎわっている。
アウンサンスーチーさんは、何回も軟禁されて、よくニュースになっていますね。
ポスト中国・・・という事で、最近中国から鞍替えする企業が少なくない。
後は・・・仏教国でしたよね。


答え合わせ・・・




○元ビルマ ~東南アジアに位置する共和制国家。1989年までの名称はビルマだった。

×ビルマの竪琴 ~主演は三國連太郎のもあります。映画内で主人公の水島上等兵が竪琴を奏でる場面があるのですが、現地の上座部仏教では、出家者(僧侶)は、戒律により音楽演奏は禁じられているそうな。
 やはり日本人、日本映画といったところか・・・。







○アウンサースーチン氏 ~ミャンマーにおける非暴力民主化運動の指導者、政治家。
 ビルマの独立運動を主導し、その達成を目前にして暗殺された「ビルマ建国の父」ことアウンサン将軍の娘。
 この方の半生は映画になっている。




○ポスト中国 ~中国の賃金水準上昇と、チャイナ・リスクの存在が日本企業に広く認識されている中、「アジア最後の経済未開拓市場」との呼び声も高いミャンマーに対する日本の注目が2010年前後から集まっている。
 ベトナムの約3分の1(ベトナムの賃金は中国の約6割)の賃金で従業員を雇え、中国と比較すると労働力の安さが特段際立っているのだとか。

○仏教国 ~上座部仏教 90%!!!
 他は、キリスト教 4% (バプテスト教会 3%、ローマ・カトリック教会 1%) 、イスラム教 4%、 精霊崇拝(信仰) 1%、 その他(ヒンズー教など) 1%という脅威の割合。

◇ミャンマーの民謡 ~エスニックレストランで流れていそう。

2012/09/17 09:57 | Comments(0) | 世界:「み」「め」から始まる国
南スーダン ~日本は出遅れている感有り
南スーダン・・・

Q.南スーダンってどんなところ?

A.

最近出来た国でしたか・・・?
日本がよく援助している国のひとつだった気がします。
インフラとかがまだ不十分で、やっぱり中国がフットワーク軽く進出していると聞いた・・・。

答え合わせ・・・




○最近出来た国 ~2011年7月9日に、スーダン共和国の南部10州が、アフリカ大陸54番目の国家として分離独立した。
 とはいえ、2005年に第二次スーダン内戦の包括的な暫定和平合意により、スーダン政府から自治を認められたため、結構前から独立しつつあったようです。




○日本が援助している ~陸上自衛隊がPKO(=国連平和維持活動)のために派遣されています。
 南スーダンでは、インフラ不足が深刻で、自衛隊は、道路の補修や橋の建設などを行う予定。
 最近広告でも目立つよね・・・


○中国が進出 ~中国は道路などのインフラ整備のため、総額80億ドル(約6400億円)を融資することで南スーダン側と合意したと述べた。
 もともと中国はスーダンで油田開発を進めてきたが、豊富な石油資源を持つ南スーダンとも関係強化を図っている。
 融資はほかに橋や水力発電施設、通信網などの整備に充てられいて、工事は中国企業が行うという。
 ちなみに、マレーシア・インドなども似たような動きをしているとか。

◇詐欺に名前をつかわれている ~ナイジェリアもそうでしたが、こちらも・・・。
 実体のない会社から、旅行会社のパンフレットのような投資案内と申込書が送られてきて、その内容は「スーダン・ポンドの価値はこれから上がる。一口20万円で50スーダン・ポンドを売却する」というようなものらしい。
 2012年現在、2・67スーダン・ポンド=1ドル。
 円に換算すると50スーダン・ポンドは1500円未満程度・・・。
 分からない流れの投資はすべきでないということを改めて感じます・・・。

◇Yaba Angelosi~首都ジュバ出身の歌手らしい。

2012/09/09 16:43 | Comments(0) | 世界:「み」「め」から始まる国
南アフリカ共和国・・・教科書に載っていたことは意外と覚えている
Q.南アフリカ共和国ってどんなところ?

A.

アフリカの下のほうにある国。
英語圏。
アパルトヘイト。
ダイヤモンドとか・・・。
治安が悪いとか・・・。
イメージが断続的!

答え合わせ・・・




△アフリカの下のほうにある国 ~北を上に考えた場合は、正しいが、南を上に考えると間逆。
 正確には、アフリカ大陸最南端に位置する共和制国家。
 東にスワジランド、モザンビーク、北にジンバブエ、ボツワナ、西にナミビアと国境を接し、レソトを四方から囲んでいる。

○英語圏 ~イギリス連邦加盟国であるからして、まあ正しい。
 しかしながら、公用語はアフリカーンス語、英語、バントゥー諸語(ズールー語、コサ語、北ソト語、ソト語、スワジ語、南ンデベレ語、ツォンガ語、ツワナ語、ヴェンダ語)の11言語ある・・・。

○アパルトヘイト ~かつては有色人種に対する人種差別で知られ、1994年までの合法的な政策だったという・・・。
 日本も無関係ではなく、1961年1月19日から、経済上の都合から「名誉白人」扱いとされていた歴史がある・・・。
 欧米諸国がアパルトヘイトを続ける南アフリカとの経済関係を人道的理由により縮小する一方で、日本は1980年代後半から南アフリカ共和国の最大の貿易相手国になってたというから・・・。




○ダイヤモンド ~金やダイヤモンドの世界的産地。
 民主化後の経済発展も注目されている、アフリカ最大の経済大国。
 アフリカ唯一のG20参加国だったりする。
 従来のBRICs(ブラジル (Brazil)、ロシア (Russia)、インド (India)、中国 (China)、sは複数形)に加え、BRICSとしてSが南アフリカ (South Africa) を表す用法も定着しつつあるとか。




○治安が悪い ~エイズの蔓延、教育水準の低い非白人の貧困などに伴う、治安の悪化など懸念材料も多いそうです・・・。

◇南アフリカの音楽 ~何がすごいって、翻訳の字幕がすごい。















2012/09/02 19:00 | Comments(1) | 世界:「み」「め」から始まる国

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]