忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/05/20 20:58 |
世界:「へ」から始まる国
世界へから始まる国

ベトナム Viet Nam
ベナン Benin
ベネズエラ Venezuela
ベラルーシ Belarus
ベリーズ Belize
ペルー Peru
ベルギー Belgium

名前占い参照。

「へ」で始まる名前の性格と運勢

物事をじっくりと考え、すすめていく思考型の性格です。何事にも慎重で、仕事では持久力忍耐力にすぐれて、いい結果を常にだせるでしょう。運勢は中年までは忍耐することが多いですが、晩年はそれに報いる幸福が訪れます。

・・・そういう気質の国・・・?
PR

2012/03/24 16:36 | Comments(0) | 世界:「へ」から始まる国
ペルー・・・日本人はアメリカに「コンドルは飛んでいく」と刷り込まれている
Q.ペルーってどんな国?

A.南米。
 インカ帝国で有名。
 乾燥しているからミイラ文化?がある。
 ポンチョとジャガイモのイメージ。

答え合わせ・・・



○南米 ~正確には、南アメリカ西部。
 北にコロンビア、北西にエクアドル、東にブラジル、南東にボリビア、南にチリと囲まれている。

○インカ帝国 ~アンデス文明の系統における最後の先住民国家なんだとか。
 マヤ文明と対比する南米の原アメリカの文明として有名。
(実は、私はインカとマヤの違いが良く分からない) 
 巨大な石の建築と精密な石の加工などの技術、土器や織物などの遺物、生業、インカ道を含めたすぐれた統治システムなどの面が評価されているそうです。

○ミイラ文化 ~紀元前200年ごろまで続いたパラカス文化でミイラの製作に習熟。
 インカ帝国が成立すると、位の高い人たちのミイラは、羽や装飾品・金属製の仮面で飾られたそうです。
 作成したミイラは祠に安置したり、住居に置いて、食事を供し、亡くなった近親者への親しみを忘れないようにするのだとか。
 日本の仏壇と似ている気がする・・・。

○ポンチョ ~上述のアンデス文明の頃から着用されていた貫頭衣。
 日本では、最近のブームのような気が・・・。




○ジャガイモ ~なにしろ、じゃがいもの起源は南米のペルーとボリビアにまたがる高原地帯が原産地と言われているくらい。
 インカ帝国を滅ぼしたスペイン人によってヨーロッパに持ち帰られ、世界中に広がりました。
 下は、ペルー代表料理の一つオユキト(牛肉のペルー風じゃがいも炒め)の素!




◇インカの目覚め ~ 日本の我が北海道で開発された、じゃがいも。原産地のアンデス地域で独特の食味と風味を目指した品種。美味い。




◇コンドルは飛んでいく ~El Cóndor Pasaはアンデスのフォルクローレの代表的な曲。
 アメリカ合衆国の歌手コンビ、サイモン&ガーファンクルによってカバーされ、日本でも人気になった。

 

2012/03/24 16:32 | Comments(0) | 世界:「へ」から始まる国
ベルギー・・・ワッフル・ワッフル・ワッフル
Q.ベルギーってどんな国?

A.西欧。
 言語はフランス語とオランダ語がメイン。
 比較的地味だが、町並みは世界遺産で美しいそうです。
 ベルギーワッフルしか浮かばない・・・。

答え合わせ・・・



○西欧 ~隣国はオランダ。ルクセンブルク。
 合わせてベネルクスと呼ばれているそうな。

△言語はフランス語とオランダ語がメイン ~正確には、公用語はオランダ語、フランス語、ドイツ語。

○町並みは世界遺産 ~美しい!そしてRPGゲームみたい!(日本人的思考)
グラン=プラス (ブリュッセル)


○ベルギーワッフル ~大きく分けて、ブリュッセルワッフルとリエージュワッフルの2タイプがあるそうな。
 ブリュッセルワッフルは、大きめの長方形で、食感はサクサク。ふわふわしていて軽く、生地の甘さが控えめなので、トッピングで甘さをプラス。
 日本でいうところの、マザー・リーフという喫茶店で供されているようなワッフル?と思っていたんですが、こちらはアメリカンワッフルと書いてあった・・・。
 本場のブリュッセルワッフルって・・・?




 リエージュワッフルは、日本でもよく見かける丸いタイプ。
 ただ、日本のものより大きめの楕円形で、しっかりした生地で歯ごたえがあり、ブリュッセルワッフルより小さいものの、パールシュガーという粒の大きな砂糖が入っているので、そのまま食べるのにも充分な甘さなんだとか・・・。
 楽天で粉が売っていた・・・↓





◇ベルギーチョコレート ~失念していましたが、ベルギーはチョコレート王国でもありました。
Godiva ゴディバ,Galler ガレ,Cote d'Or コード・ドール,Mary メリー,Neuhaus ノイハウス,Wittamer ウィッタメールなどがベルギー王室ご用達の有名メーカー!




ベルギービール ~これも有名らしい・・・



◇タンタン ~最近映画になったこのキャラクターもベルギー出身でした。

2012/03/18 13:27 | Comments(0) | 世界:「へ」から始まる国
ベリーズ ~甘いカクテルを連想する
Q.ベリーズってどんな国?

A.カリブ海辺りの国。
 そんな名前のカクテルがあったんで、その国原産?
 オフショアなんかが盛んそうですが・・・?

答え合わせ・・・



○カリブ海辺りの国 ~ベリーズは、中央アメリカ北東部、ユカタン半島の付け根の部分に位置する。北にメキシコと、西にグアテマラと国境を接し、南東には湾を挟んでホンジュラスがある。
 そして、東はカリブ海に面しており、美しい海と珊瑚礁に恵まれ、「カリブ海の宝石」との呼び名もある。

×ベリーズ≠ベイリーズ ~ベイリーズはアイルランドのお酒。アイリッシュウィスキー(アイルランド製)にクリーム、スピリッツ、チョコレート、コーヒー、バニラなどを加えた、甘美なクリームリキュールだとか。




○オフショアが盛ん ~正解。英連邦王国の一国たる立憲君主制国家なので公用語が英語。
 さらには、米ドルをそのまま国内で使用できることも強みだとか。
 Belize Bank (ベリーズ銀行)Atlantic International Bank (アトランティック・インターナショナル銀行)・Alliance Bank Belize (アライアンス銀行ベリーズ)・Investment & Commerce BANK (インベストメント・コマース銀行)などが有名・・・。

◇ベリーズはマヤ語で「泥水」という意味らしい。

◇ベリーズ料理はレカド(recado)と呼ばれる香辛料やハバネロ、ハラペーニョでスパイシーに仕上げるとか・・・。いつかバカンスに行って、賞味してみたいものです・・・。



2012/03/10 20:17 | Comments(0) | 世界:「へ」から始まる国
ベラルーシ ~漫画の影響力ってすごい
Q.ベラルーシってどんな国?

A.元ソ連の独裁国家。
 独裁国家に共通しているとおり、美人が多い。
 ウクライナ同様、チェルノブイリの傷跡が痛々しい。
 図書館がファンキー。
 農業が盛ん。
 経済が危険。

答え合わせ・・・




○元ソ連の独裁国家 ~民族的に親ロシア派なんだそうです。
 そしてベラルーシの大統領はベネズエラの大統領と仲良し。
 そんなベラルーシ大統領:ルカシェンコ大統領の強権的な政治は、欧米から再三懸念を表明され、制裁(高官の入国禁止、海外資産凍結等)を実施されているとか。

○美人が多い ~上述のルカシェンコ大統領曰く「ベラルーシには美人がたくさんいる。しかし私が毎日通る道の交差点にクチャクチャな顔をしたフランス人の顔が写っている。とんでもないことだ」
 ベラルーシ国内の広告に国外女性モデルの使用を禁じたそうだ・・・。
 どれだけ身内びいきなんだ・・・。そしてフランス人に謝罪したほうが良いと思うよ。
 とはいえ、かつてベラルーシではベラルーシ人女性の人身売買・海外売春が問題になっており、現在ではそれを防ぐためにベラルーシ人女性の出国を一部規制する法律が存在しているそうなので、贔屓目だけではないことは確か。

○チェルノブイリでは被害 ~日本は被爆国なのに、しかもこういった前例があるのに、なぜ福島に生かせなかったのか・・・



○図書館がファンキー~いや、これ本当に図書館?


○農業が盛ん ~麦類の生産に向く気象条件から世界第4位(150万トン、2002年)なんだとか。
 ライ麦を筆頭に、大麦、えん麦などのの生産がメイン。

○経済が危険 ~前々から言われていたのですが、大型の国営企業が温存された旧ソ連的な管理経済体制を維持した事が敗因。
 2008年の世界的な経済危機の影響に加え、輸入偏重による深刻な外貨不足から、2011年春には経済危機を引き起こし、IMF等に支援を要請したそうです。

◇Youtubeで異様にヒット率が低いベラルーシ旅行記。日本人で行く人は稀かと思われ。


◇でも地味に首都ミンスク市と仙台市は姉妹都市関係にあるそうです。
 2011年8月には東日本大震災で被災した仙台の高校生25名がミンスク市に招待されたとか・・・。
(意外)

◇私がベラルーシを知った切欠は、ヘタリアという漫画。
 それまで正直知らなかった・・・。



ファンキーな図書館はこの動画で知った。


2012/03/03 17:20 | Comments(0) | 世界:「へ」から始まる国

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]